遺言書の作成依頼

正面から見た祭壇

専門家を利用した際にかかる費用について

良い遺言書を作成しておけば、相続人の負担を軽くしてやることができます。また、相続人同士で遺産分割方法を話し合う必要がなくなりますので、争いが発生する余地がなくなります。遺産相続をきっかけにして相続人同士が仲違いしてしまうケースが非常に多いので、良い遺言書を残しておくことには大きな意義があります。しかし、不公平な内容の遺言作成をしてしまったり、法的な要件を備えていない遺言作成をしてしまったりすると、相続人に迷惑をかけてしまうだけのことになってしまいます。そのような事態を避けたいと考えているのであれば、専門家による遺言作成サービスを利用するのが一番です。費用を気にする人がたくさんいますが、弁護士の遺言作成サービスの場合は約20万円、司法書士の遺言作成サービスの場合であれば5〜10万円前後が費用相場になっています。

専門家による遺言作成サービスの特徴について

専門家による遺言作成サービスを利用した人のほとんどが、公正証書遺言を作成しています。もちろん自筆証書遺言の作成をしてもらうことも可能ですが、紛失や破棄、改ざんなどの心配がなくなるという理由があるため、公正証書遺言の作成を希望する人が多くなっています。公正証書遺言を作成する場合は、公証人の手数料が別途かかることになりますし、2人の証人も必要になります。余計な手間や費用がかかることになりますが、自筆証書遺言のように死後に家庭裁判所で検認手続きを取る必要がないというメリットがあります。家族が亡くなると、残された遺族は様々な事務手続きに忙殺されることになりますので、家庭裁判所の検認手続きが不要になるというメリットはかなり大きいです。そのため、専門家に頼んで公正証書遺言を作成しておくという人が少しずつ増えてきています。