故人の好きな場所へ

白い霊柩車

法律が存在しないと言えど

今や散骨は珍しくなくなりました。希望する人も増えていますし、昔よりもはるかに理解されるようになっています。現時点では、散骨を取り締まる法律は存在しません。故人が生前希望していたところにまくことができます。とは言っても、私有地にまいていいと言うわけではありません。樹木葬が徐々に増えてきていますが、個人が所有している山などに散骨することが無いようにしましょう。海洋葬もポピュラーですが、海だから個人のものではない、どこにまいてもいいと考えてはいけません。確かに海は個人のものではありませんが、養殖場のすぐ隣にまくことは避けることです。法律が存在しないから自由と言う風に解釈をしないように注意しましょう。

新しい散骨の形とはどんなものか

散骨と言えば、海洋葬や樹木葬が有名です。しかし、最近は飛行機などに乗って空から散骨すると言う方法も出てきています。海洋葬や樹木葬より大がかりでお金もかかりますが、徐々に人気になってきました。また、今後は宇宙に散骨することがポピュラーになると言われています。科学の進歩は目まぐるしく、昔よりも宇宙は身近になりました。宇宙にロマンを感じる人もいます。せめて骨だけでも宇宙にと希望する人は多いのです。実際に、宇宙散骨をビジネス化しようと言う動きは活発化しています。また、散骨をした遺族の中には、骨を全てまかずに少し残しておいたと言う人も多いです。残した骨でペンダントなどを作ることも珍しいことではありません。